BLOG

酒粕の栄養が美容にすごすぎる~酒粕でパックがお肌違いすぎる件~

酒粕専門店「Hacco to go!」です。 特別な日に朝からパックとか、お化粧に気合が入るのは女子なら皆さんご経験があるのでは(笑) クリスマスだったり、成人式だったり、バレンタインだったり、女子は忙しいですよね。 最近、Twitterでもよく見かけるようになったのが酒粕を使用した化粧品類。石鹸だったり、クレイだったり、化粧水や洗顔フォームなんかも。 実際、ロフトでは訪日外国人のお土産ランキングで「酒粕パック」が堂々の2位!!! https://www.ryutsuu.biz/commodity/l122415.html?fbclid=IwAR0tv9BgQxP7qJAGblToh1Vw7ce-rW4F2Som9xkCjXNtHyTo3O9R6NMl_w8 スゴイ。。。日本のキレイを手に入れたいという、世界中の女子の注目を集めているんですかね。。。 先日、ダナンの友人が遊びに来てくれたのですが、ベトナムも空前の美白ブームなのだとか。裕福な女性が増えてきて、マツエクやエステなど、日本のお店が何か月も予約待ちの大人気なんだそう。 [...]

By | 2020-01-21T23:21:27+09:00 2020-01-21|BLOG|0 Comments

酒粕ドリンク簡単レシピ。発酵スムージー〜酒粕トマト〜

酒粕専門店Hacco to go!です。 酒粕が日常食になるように、レシピ開発、商品開発を続けています。 みんなが毎日、酒粕をひと口食べる未来をつくりたいです。 そして今日も朝から、発酵スムージーです。   最近、簡単で美味しいのでハマってしまったのが「酒粕トマト」。   発酵スムージーの素(お店で使っている発酵酒粕の原料です)を、グラスに1/3注いだら、後はトマトジュースを8分目まで。 [...]

By | 2020-01-21T22:44:39+09:00 2020-01-21|BLOG|0 Comments

酒粕の栄養が美容にすごすぎる~フェルラ酸とは~

酒粕専門店「Hacco to go!」です。 酒粕に含まれる、人間に有効な栄養成分は500~600種類もあると言われています。 ただの発酵食品ではない、酒粕を食べ続けることで様々な効果が期待できるというすごい食品です。 お米からできていて、日本の国菌「麹菌」によって糖化・分解され、さらに「酵母」や「乳酸菌」などの菌が作用して更に栄養価が高まっている酒粕。   高級美容液に含まれるフェルラ酸 スゴイ栄養のひとつ「フェルラ酸」についてです。 酒粕に含まれる抗酸化成分「フェルラ酸」とは、植物の細胞壁に存在する有機化合物です。 [...]

By | 2020-01-21T22:27:39+09:00 2020-01-21|BLOG|0 Comments

酒粕の栄養が美容にすごすぎる~レジスタントプロテインとは~

酒粕専門店「Hacco to go!」です。 酒粕愛にあふれています(笑)   発酵食品が体に良い!は何となく周知の常識。では酒粕のすごいところは? 酒粕にはお米由来の栄養、発酵によって生まれる様々な栄養素が600種類もあると言われており、その中でも優れた効能をもつ成分を一つずつ紹介していこうと思います。   酒粕にしか含まれない?お腹をごっそり掃除するスゴイ成分 「レジスタントプロテイン」という、たんぱく質からできた食物繊維のような作用をする成分です。 [...]

By | 2020-01-21T22:04:22+09:00 2020-01-21|BLOG|0 Comments

酒粕と日本酒からコラーゲン生成の有用成分「α-EG」を摂取!

酒粕専門店「Hacco to go!」です。新潟から酒粕の新しい食べ方をご提案させてもらっています。 今日は、その酒粕が生み出す美肌効果について、ちょっと掘り下げてみたいと思います。   コラーゲンは食べても肌のコラーゲンにならないって知ってました? ちょっと前に流行った「コラーゲン入り」商品。 お肌ぷるぷるってうたってたはずなんですが、、、。   科学的にも証明されていることで、 [...]

By | 2020-01-21T21:34:04+09:00 2020-01-21|BLOG|0 Comments

酒粕が腸を整える!?環境で変化するドラマチックな腸内環境

酒粕専門店「Hacco to go!」です。 新潟から酒粕の新しい食べ方をご提案させてもらっています。   ここ最近、腸内環境の改善であらゆる病気やトラブルが無くなる、腸が全てを司ると言うことをよく言われるようになりました。 胎児もお腹の中で一番最初に出来る組織は、脳でも心臓でもなく腸だということで、いかに腸が大切かがわかります。   「腸内は宇宙」と言われるくらい、菌の種類、割合、量は毎日変化していて、常に同じ状態ではないそうです。   [...]

By | 2020-01-21T21:16:48+09:00 2020-01-21|BLOG|0 Comments

酒粕が食卓から消えた!?食の欧米化と発酵ブーム??

酒粕専門店Hacco to go!です。 タイトルからすると勘違いされそうですが、食の欧米化が悪いって言っているわけではなくて。 いろんな地域の食が持っているアイデンティティってあってよいので、おしゃれイタリアンとか、タピオカミルクティーとかもアイデンティティとして認めた上で。 でもやっぱり、お母さんの味噌汁に白いご飯、ばあちゃんの漬物って脳ミソしびれるくらい美味くて涙出そうになったりしませんか!? 日本人なので、そのアイデンティティを大事にしたいなと思っています。 結局我が家の味がホッとする、ってみんなそれぞれあったりしますよね。 そしてそれは、お国柄もあります。   [...]

By | 2020-01-21T20:50:32+09:00 2020-01-21|BLOG|0 Comments

酒粕の賞味期限。発酵食の変化の良し悪しを決めるのは。

いつもありがとうございます。酒粕専門店「Hacco to go!」開発責任者の石橋です。 ずっと食の仕事をしていると、色々思うこともありまして。 ふと、賞味期限なんて、自分で判断出来るんじゃないかな、食べられるのに捨ててる事多くないかなと思ったので、以前の会社であったこと、今扱っている発酵食品の事を含めて考えてみました。   賞味期限と消費期限 パッケージ食品には「賞味期限」と「消費期限」があります。 「賞味期限」は、基本的に長期保存加工された食品につけることが義務付けられていて、メーカーサイドから「美味しく食べられる期間」として表示しています。 「消費期限」は、主に日配品と呼ばれるお弁当やお惣菜など、長期保存加工されない商品に記載され、これはこの日時を過ぎると細菌汚染による腐敗が心配なので、過ぎたら食べないでね、という期間です。 [...]

By | 2020-01-21T20:27:30+09:00 2020-01-21|BLOG|0 Comments

酒粕から100%植物性のジェラートを!

100%植物性ジェラート。フローズンヨーグルトみたいに爽やか&しっかり濃厚。 なんて、カッコいい事言ってますが、実はこれは後から気づいたこと。私たちの作る、乳酸菌発酵酒かすから作るジェラートはどんな風に生まれたのか。 酒造りのあるところ、根強くのこる「酒粕の処理問題」。 「いや、結構酒粕は引く手あまただよ。」とおっしゃる方もいますが、それはおそらく一部のお話。 実際には二束三文で引き取ってもらうか、産業廃棄物として処理するしかないという問題をお持ちの蔵もまだあるのです。 実は今も酒粕をつまみながら、地元の日本酒(今日は今年の新酒w)を片手にブログ書いているのですが、酒粕をつまみにするって「新潟らしくていいなぁ。」と一人で沸いていたりします。(余談w) 実際問題、「酒粕が苦手」な人が多いわけですが、きっとそれは本来のおいしさを知らないだけなのでは?と思っています。 絞りたての酒粕、フレッシュな酒粕の美味しさってすごいですよ。 クリーミーな、洋酒を含んだチーズのような、(?表現合ってるかどうか)…上品な香りが、濃いわけではなく、ほんのり奥に香る感じで、口当たりは滑らか、ねっとりと濃厚なクリームチーズのよう。 あぁ。。面倒臭いこと言ってるな。要するにとっても上品な味と香りってことなのです。 [...]

By | 2019-12-24T20:48:42+09:00 2019-12-24|BLOG|0 Comments

コシヒカリじゃないのに「ウオヌマ」ってなんだ??~雪国育ちの〇〇とは~

乳酸菌発酵酒粕さかすけって何者? お疲れ様です。Hacco to go!開発責任者の石橋です。 先日、ブログでご紹介した、おばちゃんが顔をしかめた乳酸菌で発酵させた酒粕。 実はちょっと深いお話になりますが、私たちがシェイクやスムージーの素に使っている「乳酸菌発酵酒かす」は、県内で見つかった乳酸菌を使用しています。 一番最初にお預かりしたのは、こちらの乳酸菌発酵酒かす「さかすけ」。 酒粕のアルコールを飛ばし、乳酸菌を加えてもう一度発酵させた食材です。 昭和5年に創立された、日本酒の製造に関する研究を行う「新潟県醸造試験場」。 こちらは日本酒造りの指導(蔵人や杜氏の若手を指導する)や、更に美味しく作るための技術を研究開発している県の機関です。 [...]

By | 2019-12-15T17:34:14+09:00 2019-12-15|BLOG|0 Comments