今日は、その酒粕が生み出す美肌効果について、ちょっと掘り下げてみたいと思います。

 

コラーゲンは食べても肌のコラーゲンにならないって知ってました?

ちょっと前に流行った「コラーゲン入り」商品。

お肌ぷるぷるってうたってたはずなんですが、、、。

 

科学的にも証明されていることで、

コラーゲンを食べても、直接お肌のコラーゲンにはならないそうです。

 

これ。知ってましたか?

 

私もオヤツにグミとか食べてたのに、がっくし。。。。

 

お肌のコラーゲンを作るのはα-EG(アルファ・エチルグルコシド)

では、どうしたらお肌のコラーゲンが増えるのか。

正解は、「酒粕」です。

こちら、金沢工業大学と車多酒造の共同研究で、酒粕に含まれるα-EGという成分が

お肌のコラーゲン密度を増やす、という結果を発表しているんです。

コラーゲンを生成するα-EG

純米酒を飲んでコラーゲンが生成されるテスト

(引用記事:https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/0913_ozeki.html

このα-EGという成分、麹と酵母がお米を糖化、発酵させることで出来る成分なので、日本酒と酒粕にしか含まれていない成分らしいです。

 

嬉しい事尽くしの酒粕の機能

①熱に強い

加熱してもその成分が壊れないので、熱燗であっても私たちが使っている加熱済みの酒粕であっても、
成分がそのまま含まれています。

②少ない量でも良い

日本酒であればお猪口一杯(約50㎖)だけでも、その効果があるという事で、さらに酒粕は日本酒よりも多く含んでいるらしいので、毎日ひとくち食べるだけでも効果がありそうという事!

③年齢は関係ない

50歳だって、60歳だって食べ始めたらその日からコラーゲンが内側から増えていくのだそう。
若い子よりも年齢が上の方の方が、その効果が大きいそうなんです。

 

・・・・・夢のよう。。。。。(笑)

酒粕に含まれるα-EGでコラーゲン生成

いや実は、結構新潟の女性で飲み会をすると、

日本酒が飲めるチームは

「翌日のお肌、ほんと調子いいよね!」

って言う会話はよくあるんですね。

 

確かに日本酒を嗜んだ翌日はいつもよりお肌のしっとり感が違ったりするんです。


④値段が安い

私は酒粕の商品開発を始めてから、余計な化粧品が無くなりました。

乳液とか、美容液とか。

昔はその1本に8千円とか、5千円とか。

当たり前だと思っていたからなんの疑いもなく購入していましたが、今は本当に何にもつけてません。


なんて安上がり♪

日本の発酵食って、やっぱり本当にすごいんじゃないかと感じています。

 

食べる高級美容液 酒粕

食べたものは小腸で栄養を吸収して、その栄養素が血液を介して全身に行き届く。

コラーゲンを作りだすα-EGが含まれている日本酒や酒粕を摂ることで、全身にコラーゲンが作り出される。

日本酒も、酒粕も、食べる高級美容液って言ってもいいんじゃないかなと思います。

冬になると乾燥や、冷えによる血行不良、冬季うつで何となくいつも不調。。。

って言う方多いと思います。

 

日本の発酵食品、取り入れてみませんか。

日本酒苦手、酒粕苦手なら、Hacco to go!へ!

そんなあなたの為に作ったのが、発酵シェイクです!

美肌成分をつくる高級美容液「酒粕」をたっぷり飲める発酵シェイク



関連記事

 




————————————-
店舗やメニュー情報はこちら
Hacco to go! HP http://haccotogo.com/
インスタグラム @haccotogo
Twitter @Haccotogo