コシヒカリを飲む習慣で体と大地を守る

「COSHI-BROWN」

COSHI-BROWN(コシブラウン)KOSHI

 

shohinkonyu

 

COSHI-BROWN(コシブラウン)が生まれたのは、米どころ新潟。

 

山間に位置する越後平野は、季節とともに顔を変える。

真っ白い雪に覆われた冬を終え、春になると一面の田園が水を張り、田植えの時期に一斉に緑が植えられる。

秋になると黄金色にたなびく稲穂が収穫の時期を告げ、全国、いや世界に待っている新潟コシヒカリファンのところに届けられる。

フリーサンプル画像①

 

そんな中で、農家と話を聞くと、将来に対する不安が多く口に出る。

現在、国の減反政策などでコメの生産調整がかかる中、確実にコメ価格の下落が起きている。

 

なぜかといえば、ほかの地域のコメが頑張ってるとか、そういうこともあるけれど、根本的にはコメの消費が減ったこと。

若者のコメ離れとはよく耳にしたものだが、本当に1か月に1回もコメを食べない若者も続出しているという。

 

ライフスタイルの変化。

飽食の時代。選ぶ権利は皆にあるので、一概にそれを悪いとは言わない。

 

だけど、このままでは農業で暮らしていける人が減り、田んぼを手放すかもしれない。

それが何を意味するかといえば、緑の大地を放棄して工場生産だけの食材が流通する社会が近づいてくる。

 

正直、それは迎え入れたくない現実である。

 

FARM8の基本理念に「土を次世代に」という考え方がある。

命を生み出す大切な土は、先祖から授かったものではなく、子ども達から預かったものと捉え、次世代につなげていくことが私たちの使命。

生み出すことができる豊かな土壌と受け継ぐ知恵さえあれば、次世代以降が暮らしていくのに十分なリソースを残せると考えている。経済が優先されてそれをなくしてしまうリスクに警鐘をならすのが私たちの役割だ。

 

かといって、ライフスタイルや価値観の押しつけはしたくない。

 

そう思って生まれた発想が、

「コシヒカリを飲むという新しい習慣」

 

 

もともと、将来を不安に感じているコメ農家さんからの相談から始まった。

「これから俺らみたいなコメ農家はどうなるかねぇ?」

そう言って、減反政策によってコメを作らずに大豆で補助金をもらっている農家の多い今のスタイルに違和感を覚えたある農家が、玄米珈琲に挑戦したいということでFARM8に相談依頼があった。

COSHI-BROWN(コシブラウン) KOSHI

焙煎した玄米。昔は玄神として漢方薬の役割を果たしていたといわれる。

外国人などはデカフェと言ってカフェインレスのデトックスコーヒーを好むということも耳に入っていた。

 

ライフスタイルの中で、コーヒーは習慣だ。

1日4~5杯飲む人もいるだろう。

現在、日本の1年間のコーヒー消費量は約450,000トン。

普段コーヒーを飲む人々が、10杯に1杯を玄米珈琲に変えるだけで、日本の田園風景はどれほど守れることだろうか?

 

shohinkonyu

星峠-夏

 

そう考え、コシヒカリを飲むという新しい習慣を提案するため、開発を始めた。

焙煎珈琲は単体では焦げ臭く、お湯に溶けにくいというのが最初の印象だった。

 

習慣にするため、もっと飲みやすくする工夫はないか。

いろいろなものと配合し、一番飲みやすく、体にも大地にも優しい組み合わせは何か。

 

その過程でたどり着いた結論。

「 焙煎玄米 × ライスミルク 」

COSHI-BROWN(コシブラウン) KOSHI

新潟県産コシヒカリだけでできたライスミルクと

新潟県産コシヒカリだけでできた焙煎玄米。

 

この絶妙な組み合わせで、米の甘さをほんのり含み、ライスミルクのまろやかさが焙煎玄米の粉っぽさを包み込む。

COSHI-BROWN(コシブラウン) KOSHI

もちろん、体にも優しい成分で飲み続ける理由もある。

何かといえば、ひとつはデトックス効果だ。

玄米の胚芽や表皮には、体内の毒素を排出するデトックス効果がある。

フィチン酸という強力な排泄作用を持つ物質によって、体内の毒素をたくさん引っ張り出す。

自然の物を丸ごと黒く焼いて食する黒焼き用法は日本の民間療法としても使われており、「こげ」とは違い焙煎は古くからお茶「ほうじ茶(焙じ茶)」などに施されてきた伝統的な習慣のため、どこか懐かしい味わいもある。

 

もう一つのは温熱効果だ。

もともとコーヒーに含まれるカフェインは体を冷やす作用があるといわれ、カフェインレスのコーヒーを求める人も少なくない。

このCOSHI-BROWN(コシブラウン)ももちろんカフェインレスで、冷え性の方や妊娠中の方にもおすすめできる飲み物となる。

さらに黒焼き玄米は、古くは漢方の世界で「玄神」と呼ばれ、玄米の栄養はもちろん、黒焼きにすることで生まれる玄米ポリフェノールやミネラルなどの力でからだの芯から温める。

しかも、粉末なので体内に吸収しやすく、体全体の血行を良くし、免疫力を高めることが期待できる。

 

こうした栄養素を含む焙煎玄米に、高い健康効果が期待されるライスミルクが配合されたCOSHI-BROWN(コシブラウン)。

まずは体質改善を考える方などの習慣からおすすめしたい。

 

shohinkonyu

飲み方はHOTでもICEでもどちらも楽しめ、さらには豆乳で割ったりはちみつを入れたりと、お好みでオリジナルなCOSHI-BROWNを楽しんでいただくこともできる。

COSHI-BROWN(コシブラウン) KOSHI

そうした個々人の楽しみ方が広がることで、無理なく田園が守れる仕組みが作りたくてこのCOSHI-BROWN(コシブラウン)が誕生した。

新潟のコシヒカリが足りなくなるくらい、この習慣が広がることを期待する。

日常的にコシヒカリを飲む習慣を。

COSHI-BROWN(コシブラウン) KOSHI

 

◆商品ラインナップ

COSHI-BROWN(コシブラウン)

COSHI-BROWN 100g 紙管 ¥1,620(税込)

COSHI-BROWN(コシブラウン)

COSHI-BROWN 10gパック ¥180(税込)

COSHI-BROWN(コシブラウン)

COSHI-BROWN 100g×2 GIFTBOX ¥3,480(税込)

shohinkonyu

◆Produced By FARM8.co.,ltd

FARM8 STORE

 

 

◆お問合せ先

株式会社FARM8

新潟県長岡市下々条1-126

TEL/FAX : 0258-77-0810

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文