Loading...
酒粕のチカラ 2018-09-12T00:40:30+00:00

新潟発!酒粕のチカラ

~「カス」と呼べない栄養豊富な食材~

 Hacco to go! は、雪深い新潟県で立ち上がりました。酒どころ新潟では古くから酒造りが盛んで、今でも日本一多い酒蔵があり、それぞれが自然と向き合いながら雪の恩恵のような日本酒を作っています。

 日本酒は、蒸したお米と米麹を発酵させできるもろみを絞って出た液体のことをさします。この際にもろみを絞って残ったものが酒粕になります。酒カスと呼ばれますが、本当は米や発酵の栄養素は残っているもろみの方に強く含まれているわけですから、酒粕をカスと呼ぶにはあまりに機能性が高い素材になります。酒粕は、昔から栄養素の高い食材だと重宝され色々な料理に使われていましたが、今では保存方法やレシピがわからないという理由からか扱われる機会が少なくなり、一部漬物用に使われる酒粕以外の大半は廃棄処分されているのが現状です。

 ここ最近では酒粕の栄養成分分析が進み、やはり酒粕に秘められた力がすごいと話題になっています。具体的には、美容・健康・ダイエット、全てにおいて優れた栄養素を持っており、食材としても化粧品としてもどちらの活用でも効果があると言われています。こんなすごい可能性を持った酒粕の大半を廃棄してしまっているのはもったいないと、美容健康に良いとされる酒粕を誰でも手軽に摂取できる酒粕ファストフードのようなお店を目指し、このお店Hacco to go!がスタートしました。

実はすごい驚きの効果

・酒粕レジスタントプロテイン はダイエットの味方
・シミ・シワ・美白に。あげたらキリがない美容成分の集合体
・ペプチド・フェルラ酸・ビタミンなど人の健康に役立つ成分600種類

実は昔ながらのこの発酵食品には、体を温めるだけではなく更に驚きの効果を持つと言われている栄養素がたっぷりと含まれているのです。

■「レジスタントプロテイン」難消化性蛋白質といって、食物繊維のような作用があり、お腹の中の余分な脂を吸収して体外に排出すると言われています。

■「多種類のペプチド」高血圧予防や健忘予防などに効果があると言われています。

■「フェルラ酸」抗酸化作用があり、がん予防やアルツハイマー予防に効果があると言われています。

■その他、ビタミンやミネラル、有機酸など、人の健康に役立つ成分は600種類も含まれてると言われているのです。

→ 酒粕効能まとめ

「さかすけ」とは

~新しいスーパーフード。乳酸菌で発酵させた酒粕~

新潟県には清酒を研究する、新潟県醸造試験場という研究機関があります。この醸造試験場で開発されたのが、酒粕を更に乳酸菌で発酵させた食材「さかすけ」です。栄養豊富な酒粕を、乳酸菌で発酵させることで更に栄養価が高まっています。

爽やかな酸味を持つ「さかすけ」は、ドリンクやケーキなどの加工品に使われていますが、これをもっとメインにした加工食品を作り、たくさんの人に流通させたい!とFARM8は、さかすけを使った商品開発に乗り出しました。

そこから生まれたのが「醸グルト」という発想。Hacco to go !では、この「醸グルト」のジェラート、シェイクをお楽しみいただけます。