酒粕を驚くほど食べやすくするコツ。③

いつも読んで頂きありがとうございます。
Hacco to go!の開発責任者、石橋です。

蒸す、冷凍する、をお伝えしてきましたが、今日は「焼く」です。
「知ってるわ~それ~。」と思われるでしょうが、ちょっとお付き合いください。

定番はやっぱりこれ。

甘いものが合うんです。
中毒性があるのが、酒粕のすごいところ。
おばあちゃんの昔のおやつが、「あぶった酒粕に砂糖をまぶして食べる」だったそうなんだけど、最初聞いた時は「なんだそのチャーハンにチャーハン掛けて食べます!みたいな食い方!!」って思ったんですが。
結構、この食べ方が浸透しているみたいなんですよね。
県外の方とお話ししてもこの食べ方が通じるので、全国レベルな定番レシピのようです。

それならちょっと新しいスィーツやってみようかな、と挑戦してみたのが
焼き酒粕+メープルシロップ

酒粕ってそのまま食べると結構粘着性があって、ものによっては結構歯についちゃって食べにくいものもあるんですが、
焼く事でサクッと歯切れがよくなって、非常に食べやすくなります。

メープルシロップをかけて、スライスしたリンゴと一緒にソルトクラッカーに乗せるとか、たまにはオシャレな感じにやってみてください。

————————————-
店舗やメニュー情報はこちら
Hacco to go! HP http://haccotogo.com/
インスタグラム @haccotogo
Twitter @Haccotogo

By | 2019-12-04T21:56:08+09:00 2019-12-04|BLOG|0 Comments